世界史上1位のお金持ちは誰?歴史上最も裕福な10人とは

歴史上で一番のお金持ちは誰? マネー

財産の多い順にランク付けした長者番付のようなものは、発表されるとかなり注目を集めます。日本トップクラスのお金持ちが世界ランキングでは決して上位ではないこともあり、驚くこともあります。それでは、人類の歴史の中で一番の大金持ち、裕福な人物は一体誰でしょうか。誰しも一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

その疑問の答えになるかもしれない記事が、TIMEMoneyで「人類史上最も裕福な人々(The 10 Richest People of All Time)」という題で紹介されていました。今回はそちらの記事を参考に、歴史上最も裕福な10人とその財産についてみていきたいと思います。

歴史上最も裕福な10人とは

10. チンギス・カン (モンゴル帝国・1162-1227)

「最も成功した軍事的指導者」と称えられるチンギス・カンは、朝鮮半島から東ヨーロッパにまで及ぶ人類史上最大の帝国を興しました。しかし、彼はそんな大帝国の支配者でありながら、その広大な領土以外にはこれといった財産を持たなかったとされています。その結果、10位にランクインしました。以下の地図は、モンゴル帝国の領土の変遷を表しています(Wikipediaより引用)。

モンゴル帝国の領土の変遷

寛大さが成功の鍵で、戦利品を兵士や司令官に分け与えました。モンゴル軍は略奪を禁じられた。すべての戦利品は一度集められ、その後軍と彼らの家族に分配されました。チンギス・カンも戦利品を受けたが、それによって豊かになったわけではありません。チンギス・カンは、宮殿や寺院、墓、家さえも建てませんでした。

チンギス・カンはゲルで生まれ、ゲルで死にました。一般の人々と同じように、死んだ時はフェルトで包まれ埋められました。 ゲルとは、伝統的なモンゴルの遊牧民の住居で、テントのようなものです。チンギス・カンは、皇帝となってからもこのゲルに住み続けたそうです。フェルトは羊毛でできた布で、ゲルにも用いられます。

9.ビル・ゲイツ (アメリカ合衆国・1955-現在)

ビル・ゲイツは、言わずと知れた現在世界一の大富豪です。マイクロソフトの創業者で、総資産は「$78.9 billion」(7兆8900億円・1ドル=100円換算、以下同じ)にのぼります。ビル・ゲイツの資産は、2位のザラ共同創業者Amancio Ortegaよりも$8 billion多いそうです。

$8 billionは、およそ8000億円です。ちなみに、ZARA(ザラ)は世界的なファッションブランドで、展開するメーカーはアパレル業界で世界一位の売上高を誇ります。2位のオルテガに80億ドルもの大差をつけているビル・ゲイツは、現在ダントツの資産家ですが、歴史上では9位にとどまっています。

8.アラン・ルーファス (イングランド・1040-1093)

アラン・ルーファスの肖像画

アラン・ルーファスは、日本ではあまり馴染みがないですが、イングランドのウィリアム征服王の甥にあたる人物です。アラン・ルーファスは、おじであるウィリアム征服王のノルマン征服に参加しました。(参考:ノルマン・コンクエスト)

アラン・ルーファスが死んだ時、その資産は11,000ポンドにのぼりました。これは、当時のイングランドのGDPの7%に達する額です。2014年の価値で$194billion(19兆4000億円)になります。

7.ジョン・D・ロックフェラー (アメリカ・1839-1937)

ロックフェラーは、史上最高の金持ちといわれることもあるアメリカの実業家で、1863年に石油事業を興しました。当時起きていた石油を掘り当てて一攫千金を狙うというブームに人々が熱狂する中、油田の探査ではなく石油の精製をに目をつけ、大成功を収めました。彼の会社であるスタンダード・オイルは、その名の通り、自社の石油こそが標準であるという意味を表しています。1880年には、スタンダード・オイルはアメリカの石油の製造・生産の90%を牛耳っていました。

石油王ロックフェラーの全財産は、1918年のアメリカの経済生産のほとんど2%に等しいといわれています。これは、2014年の割合で$341billion(34兆1000億円)です。ロックフェラーは、後半生をこの莫大な資産をもとにした慈善事業に費やしました。例えば、世界的な大学であるシカゴ大学はロックフェラーによって創設されました。

ロックフェラーの名言。世界一の大富豪による人生の教えとは
ロックフェラーは歴史上最高の大富豪として名前があがる人物で、現代に連なる石油産業の草創期に活躍した人物です。 ロックフェラーはビジネスやお金、慈善事業などに関する言葉をたくさん残しており、「ロックフェラー お金の教え」という著作もあり...

6.アンドリュー・カーネギー (アメリカ・1835-1919)

アンドリュー・カーネギーは、史上最も裕福なアメリカ人ともいわれ、貧しい移民の子として生まれながらも立身出世した立志伝中の人としても知られています。慈善活動家としても有名で、各地に学校や図書館を建設するなど多くの社会貢献活動を行いました。

鉄鋼会社で成功し、鉄鋼王と呼ばれました。1901年に自身の会社であるUSスチールをJPモルガンに売却した時の売値は$480millionでした。この額は、当時のアメリカのGDPの2.1%を少し上回るほどで、2014年では$372billion(37兆2000億円)に当たります。

5.ヨシフ・スターリン (ソビエト連邦・1878-1953)

スターリンは、当時世界のGDPの9.6%にあたるソ連の経済生産を完全に掌握しました。2014年では、ほぼ$7.5trillion(750兆円)になります。

このお金は、直接スターリン自身が所有していたわけではありませんが、彼はソビエトの経済力の重点をどこに置くのかを選ぶ権限を有していました。また、彼は地上の1/6に及ぶ広大な国土をコントロールしていました。

記事では、これらはスターリン自身の富ではなかったが、彼は国家の富をコントロールしていたとし、また、富の定義を広げるなら、彼を歴史上最も裕福な人々のリストに入れないのは難しいだろうとしています。そして、スターリンの富の力は不確実かもしれないが、首相個人の経済的影響力が近年の歴史で類を見ないのは疑いようがないと述べています。

4.アクバル (インド・1542-1605)

アクバルは、偉大なるムガール帝国の皇帝です。インドでは、最も偉大な王として尊敬されています。当時のムガール帝国のGDPは世界のGDPの25%に及びました。アクバルの治めた帝国の一人当たりGDPは、エリザベス朝イングランドに匹敵すると推測されています。

支配階級の派手なライフスタイルは、ヨーロッパ社会を凌ぎ、インドのエリートクラスは西側のものよりも裕福でした。また、ムガール帝国は人々から富を吸い上げることが歴史上最もうまい帝国の一つでした。

3.神宗 (中国・1048-1085)

北宋第六代皇帝神宗の肖像画

神宗は、北宋の第六代皇帝として、世界のGDPの25%~30%の経済規模をもつ帝国を支配しました。宋王朝は、歴史上最も経済的に強力な帝国の一つであると言われています。

宋の富は、ヨーロッパの数百年先を行っていたと言われる技術革新と激しい徴税の技術からきていたとされています。宋王朝は高度に中央集権化された政府で、これはつまり、皇帝が経済的に強力なコントロールを及ぼしていたことを意味します。

2.アウグストゥス (ローマ帝国・紀元前63-紀元後14)

アウグストゥスは、当時世界のGDPの25%~30%を占めたローマ帝国の皇帝でした。ある時点でアウグストゥスの個人資産は、帝国経済の1/5と同等であったと言われています。その財は、2014年の$4.6trillion(460兆円)に当たります。また、アウグストゥスはしばらくの間、エジプトのすべてを個人的に所有していました。

1.マンサ・ムーサ (マリ・1280-1337)

金塊を手にするマンサ・ムーサの肖像画

マンサ・ムーサは、西欧で黄金郷として知られたトンブクトゥの王で、マリ帝国の第九代国王です。記録に残る誰よりも裕福で、歴史上最も裕福な人物としてしばしば言及されます。ムーサは西アフリカの王で、おそらく世界で最も多くの金を作らせた人物です。

資料が乏しく、彼の財産の正確な値を知るすべはありません。存在しないのであれば、当時の資料でムーサの裕福さを説明するのは不可能です。しかし、彼にはいくつかの有名なエピソードが残っています。

それは、ムーサがメッカに巡礼したときの逸話です。数十頭のラクダがそれぞれ数百ポンドの金を運び、ムーサがエジプトで金をばらまいたことで通貨危機が発生したそうです。当時のマリの一年間の金の生産はおよそ1トンとされているため、この巡礼に一年の生産量の何割かを持ち込んだことになります。

また、ムーサの軍隊は20万人で構成され、4万の射手を含んでおり、これほどの規模の部隊を戦場に運ぶのは近代の超大国でさえ困難と考えられます。

まとめ

歴史上で最も裕福な人物は以上の十人でした。今回の選定基準となっているのは、それぞれの人物の時代において当時の人々や経済と比較したものとなっています。現代の経済規模は数百年前とは比較にならないほど大きくなっているので、当時世界のGDPの何割かを支配したからといって、それをそのまま現代の経済に当てはめるという考えには異論もあるかもしれません。

しかし、ここで紹介した人物たちがそれぞれの時代において、他の人々と比較して莫大な富を手中に収めていたことは間違いないでしょう。一般の人々が財産といえるものをほとんど持てなかった時代もあったことを考えると、その裕福さは想像を絶するものがあります。一方で、当時の皇帝たちのように国土・国民・経済をすべて支配することは、現代では通常はありえません。だからこそ、現代人として唯一ランクインているビル・ゲイツの財産がいかに驚嘆すべきものかがわかります。

お金持ちになる人には共通点があった!億万長者の8か条
お金持ちになった人に共通点はあるのでしょうか?もしも共通点があれば、それを実践するように心がければお金持ちになれるかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました