お金持ちになるための法則とは?「となりの億万長者」に学ぶ”資産家になるための7つの法則”

ケースに入った札束 マネー

お金持ちになりたいという方は少なくないでしょう。しかし、どうすればお金持ちになれるか知っている方は少ないでしょう。

トマス・J.・スタンリー氏による「となりの億万長者 ― 成功を生む7つの法則」という本があります。この本は、アメリカの億万長者を対象に彼らのライフスタイルなどを広く調査した結果をまとめたもので、アメリカのお金持ちの意外な実像が明らかにされた一読の価値ある一冊です。

「となりの億万長者」で著者は、資産が1億円以上の億万長者は、一般に想像されるように高級住宅に住み、贅沢な暮らしをしているのではなく、普通の住宅街で目立つことなく質素な暮らしをしていることを発見しています。

つまり、億万長者は普通の人々の”となり”にいるということです。

「となりの億万長者」では、倹約と貯蓄の大切さが示唆されており、高収入であることが億万長者につながるわけではないことが記されています。そして、資産を親から受け継いだ人はほとんどおらず、ゼロから築き上げた人が大半を占めること、学歴と資産は関係ない(むしろ反比例する)ということも示されています。

億万長者を調査し、分析したことから著者が導き出した「資産家になるための7つのルール」を紹介したいと思います。

お金持ちには共通点がある?億万長者といわれるお金持ちに必須の条件ベスト5とは

お金持ちになるには?資産家になるための7つの法則

1.収入よりもはるかに低い支出で生活する

毎月の収入から支出を差し引いた残りはいくらですか?ついつい収入のほとんど、あるいは収入以上に支出してしまうことも少なくありません。収入に対して高額なものを借金して購入する場合もあるでしょう。しかし、そういったライフスタイルはお金持ちになるためには良いとは言えません。

当然のことですが、どれだけ収入があっても、それ以上の支出があれば資産は形成されません。ここで重要なのは、ただ収入以下というだけでなく、”はるかに”という点です。無駄遣いをなくし、見栄を張らず、質素に暮らすことが億万長者への近道なのです。

2.資産形成のために、時間、エネルギー、お金を効率よく分配している

資産を形成しようと考えたことはありますか?億万長者になった人は、収入が少なく資産と呼べるものがなかった頃から資産を作るために努力していたそうです。

億万長者の人生の目的はステイタスの高いライフスタイルを誇示することではなく、”自立”にあります。その自立のために資産を形成するのです。そして資産形成に向かって、時間・エネルギー・お金をいかに分配するのかということを熱心に考えます。

3.お金の心配をしないですむことの方が、世間体を取り繕うよりもずっと大切だと考える

最初の法則を達成するために必要な考え方です。億万長者は、「周りがどうだから」とか「みんながしているから」、「他人にどう思われるか」といったことを気にしません。そんなことよりも、現在や今後のお金を心配せずに生きていくことに重点を置きます。

4.社会人となった後、親からの経済的な援助を受けていない

裕福な人は親からたくさん援助してもらっているはずだという一般的な見方とは反対に、億万長者は親からの援助を受けていません。一見、援助があった方が貯蓄も増やせるので資産形成しやすいのではないかと考えがちですが、現実は正反対なのです。

援助してもらうと多くの場合、そのお金を消費してしまい、親の資産を自分の資産と同一視しがちで、借入金に頼りやすいというケースが多いそうです。援助を受けずに生活していく方がお金を大切に考え、消費よりも貯蓄に回すということです。

5.子どもたちは経済的に自立している

億万長者は、自らの子どもたちに多額の経済的援助を与えていそうですが、実際は自立している場合が多いようです。考えてみれば当たり前ですが、子どもたちにが経済的に自立していないと、財産が減っていく一方なので、億万長者という位置から離れていってしまいます。子供に経済的に自立した生活をさせることも億万長者には欠かせないことの一つなのです。

6.ビジネスチャンスをつかむのが上手だ

億万長者は、他の法則で示されたように、資産形成に最も関心を寄せています。そのため、投資の勉強をしたり、最新の情報を得ることに余年がありません。その結果、ビジネスチャンスを逃さずにつかむことができるのです。単に幸運だったというだけでなく、日頃から自らの資産形成に役立ちそうなことに「時間」「エネルギー」「お金」を効率よく分配しているからこその結果です。

7.ぴったりの職業を選んでいる

当たり前のことですが、自分に合った職業の方が成功の可能性は高くなります。仕事がつまらないと嘆くのではなく、「自分に合った仕事を探す」「仕事に合うように自分を成長させる」といった努力をすることが億万長者へとつながるのです。

実在のお金持ち

この7つの法則に当てはまる実在のお金持ちを紹介したいと思います。みな自分にあった職業を選択し、上手にビジネスチャンスをつかんで成功した人たちです。

ウォーレン・バフェット

史上最も成功した投資家。資産は2015年の時点で600億ドル以上ですが、1958年に約300万円で購入した家に住み続けるなど倹約家として知られています。バフェットは貯蓄に関してこのように発言しています。

お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金したあとで、残った分を使うのだ。

バフェットは子供たちを厳しく育て、遺産のほとんどを寄付することを表明しています。

ウォーレン・バフェットがあなたにすすめる9冊。投資の神様がおすすめする本とは?

ビル・ゲイツ

言わずと知れた世界一のお金持ちで、マイクロソフトの創業者です。倹約家として知られ、飛行機のエコノミークラスを好み、移動時間は変わらないのにファーストクラスに乗ることは無駄だというほどです。ゲイツも遺産を寄付することを表明しています。

サム・ウォルトン

世界最大手の小売企業であるウォルマートの創業者で、アメリカ一のお金持ちになった人物です。全米一のお金持ちなのに質素な暮らしをしていることで注目されました。大恐慌時代に育ったため、生涯倹約の大切さを忘れなかったそうです。

サム・ウォルトン伝 一代でウォルマートを築いた20世紀最高の商人

まとめ

「となりの億万長者―成功を生む7つの法則」で示されているのは、誰にでも億万長者になるチャンスがあるということです。ここで紹介した7つの法則の他にも、億万長者に関する意外な真実がたくさんあるので、ぜひご一読されることをおすすめします。ちなみに、著者のスタンリー氏はこの調査で学んだことを活かして億万長者の仲間入りをしたそうです。

お金持ちになる人には共通点があった!億万長者の8か条

タイトルとURLをコピーしました