塙保己一伝 ヘレン・ケラーが尊敬した盲目の偉人の生涯と名言

塙保己一の肖像画 偉人伝

ヘレン・ケラーのことを知らない日本人はいないでしょう。ヘレン・ケラーは、三重苦ともいわれたハンディキャップに負けずに力強く生きた女性として有名です。一方、塙保己一という人物を知っていますか?ハンディキャップと戦ったヘレン・ケラーが、手本としていたのが塙保己一という人物です。

塙保己一は、江戸時代の国学者です。七歳で盲目となるも、超人的な努力と驚異的な記憶力で大学者となった偉人です。最大の功績は、『群書類従』という歴史資料の編纂であるといわれています。

塙保己一の生涯と名言

塙保己一の生涯

七歳で失明

塙保己一の生家

塙保己一の生家

塙保己一は、1746年5月5日、現在の埼玉県本庄市に農民の子として生まれました。生まれつき体が弱く、病気をきっかけに七歳で失明してしまいます。さらに十二歳の時に母が病死し、失意の中、学問で身を立てるため、十三歳で江戸へ出ました。そうめん箱に衣類を詰め、わずかなお金しか持っていなかったといわれています。

Photo by:本庄市 | 塙保己一

自殺を考える

保己一は江戸に着くと、雨富須賀一という検校の盲人一門に入門しました。当時の盲人の慣例に従い、琵琶、琴、三味線、はり、きゅう、按摩などの修業を受けました。ところが、保己一は覚えが悪く、いっこうに上達しませんでした。三味線などは、三年たっても音程も合わせられず、はり・きゅうもさっぱりでした。どういうわけか自分だけ全くできず、これでは生きていく術がないと絶望した保己一は、自殺を決意します。

学問に励む

しかし、自殺の直前で思いとどまった保己一は、師匠の雨富に学問への思いを告げました。すると師匠はこう言ったそうです。「盗みと博打以外、好きな道を目指しなさい。三年間は私が面倒を見よう。」三年でものにならなければ、故郷へ返すという約束でした。保己一は様々な学問を学び始めました。目が見えないので、書物を音読してもらい、超人的な努力でそれを暗記していきました。

「群書類従」人生をかけた大事業

学問に打ち込んだ保己一は努力と才能を認められ、様々な学問を学びました。三十四歳となった1779年、『群書類従』の編纂を開始しました。『群書類従』は、散逸した歴史資料を一つにまとめ、後世へ伝える一大プロジェクトでした。江戸幕府や諸大名、寺社、公家などに協力を願い、全国各地を回り、資料を収集、編纂しました。完成したのは七十四歳の時で、実に四十年もの月日が流れていました。現在、『群書類従』は国の重要文化財に指定され、歴史学や国文学などの研究に多大な貢献を果たしています。

七十六歳で生涯を終える

また、現在まで刊行が続けられている『大日本史料』の編纂にも携わりました。その後、幕府から盲人社会のまとめ役である検校に任用されました。1821年、76歳でこの世を去りました。『群書類従』が完成した二年後のことでした。

塙保己一のエピソード

塙保己一の像

photo credit: via photopin (license)

集中力

目が見えない保己一は、すべてを聞いて覚えなくてはなりません。ある夏の晩、蚊に邪魔されずに書物を聞き取ることに集中するため、両手をひもで縛って聞いていたそうです。

記憶力

記憶力を高め、維持するために、毎日般若心経を百巻唱えていました。そのような努力の結果、超人的な記憶力を身につけ、六万冊の蔵書をすべて暗記していたといわれています。

全てを賭ける

保己一は、すべてを本を買うための代金にあてていたため、いつも同じ服装でした。講義の際、それに気づいた水戸藩主徳川治保から衣服を与えられたという。

ヘレン・ケラー

ヘレン・ケラーは塙保己一を尊敬しており、日本を訪れた際に塙保己一に関係する施設を訪問しています。

原稿用紙のはじまり

保己一は、『群書類従』の作成にあたり、なるべく20字×20行の400字詰に統一させていました。これが現在の原稿用紙の一般様式の元となったそうです。

塙保己一の名言

「目あきというのは不自由なものじゃ」

夜の講義中、風で明かりが消えて慌てる弟子たち言った言葉。

「命かぎりにはげめば、などて業の成らざらんや」

保己一が自殺を思いとどまった言葉。「命の限り励めば、出来ないことがあるか」という意味。

塙保己一の関連リンク

タイトルとURLをコピーしました